クラミジアが治らない原因

クラミジアが治らない

クラミジアは適切に治療すれば完治できる性病です。

クラミジアが完治できない、治療してもクラミジアがなかなか治らないという人は何らかの原因があるはずです。

 

クラミジアが治らないという悩みを持った方は男女を問わず多数存在します。

 

クラミジアの薬を飲んでも完治出来なかったため、クラミジアの薬として使われるジスロマック等の抗生物質の効き目を疑う人もいるでしょう。

 

クラミジアは治らないとあきらめる前にまずはその原因を理解する事が大切です。

 

 

クラミジアが治らない原因

治っているのに陽性反応

クラミジアに一度感染すると血液中に抗体が出来てしまいます。そのため、クラミジア検査をしても陽性と出てしまう場合があります。
過去にきちんと治療していれば問題がないです。

 

病院で診察する際に過去の治療状況を聞かれる事があると思うので、クラミジアの治療をした際はクラミジアに感染した期間や、薬を服用した期間をメモして記録しておいた方がいいでしょう。もちろんどの抗生物質を服用したのかも尋ねられます。

 

そういった過去の治療に関する情報などを考慮すると、現在クラミジアに感染しているわけではなく血液中にクラミジアに対する抗体が残っているために陽性反応が出てしまうケースがあります。

 

 

再検査で陰性の確認をしていない

性病の治療は再検査して陰性の確認をするまでが治療です。治療期間を終えた後も再検査を受けて完治した事をしっかり確認してください。

 

ここでしっかり確認しておかないと菌が体内に残っていた場合には感染が広がり治療が難しくなってしまいます。

 

また一度クラミジアに感染しても耐性がつくわけではないので、何度でも再感染する恐れはあります。

 

クラミジア感染者と避妊せずにセックスをした場合、約半分の確立でクラミジアに感染すると言われるほどクラミジアの感染力は強いです。また男女比では女性の方が感染率が高く、自覚症状がほとんどないため、クラミジアの女性感染者が増えています。

 

 

医者の指示を守っていない

クラミジアの薬を飲んでも治らないという人がいますが、薬は正しい服用法を守らないと正しい効果を得ることはできません。

 

自分で勝手に治ったと判断して服用をやめるような事はあってはならない事です。継続投薬が必要な薬を途中でやめてしまったら効果が出ないのは当然です。

 

またクラミジアを治療する抗生物質にも多くの種類があるため、どれが自分に合う薬なのか見極める必要があります。
薬の選択を間違えると逆に菌に耐性をつけて治りにくくなってしまいます。こうなると逆効果ですね。抗生物質に耐性ができた淋病が初めて発見されたのも日本です。

 

 

 

他の性病を併発している

いくらクラミジアの治療をしても完治しない場合は他の性病にも感染している可能性があります。なぜならクラミジアには淋病のようにな薬剤耐性菌が存在しないからです。

 

したがって、他の性病にも感染している可能性があり、クラミジアとは別の治療を行わなくては治りません。

 

病院で見逃されてしまった可能性もないとは言い切れません。なので、自分でもある程度性病の勉強をしたり、自分にあらわれている症状からセルフチェックするのも大切です。

 

 

 

またクラミジアに感染した場合は淋病に同時感染しているケースが非常に多いです。検査をするときは一緒に検査してください。

 

 

まとめ

一度クラミジアに感染すると体内に微量ながら菌が残るため検査時に陽性反応がでてしまうケースもあるようです。また医師が指示した薬の種類、容量を必ず守って服用してください。クラミジアの抗生物質は多くの種類と様々な種類の容量があるので服用方法を間違えるととかえって完治に時間がかかります。

 

最後に、治療後に必ず再検査して完治した事を再確認してください。どうしてもクラミジアが治らない場合は他の性病に感染していないかも確認することをお勧めします。病気の種類によって薬も異なります。

 

 

 

ちょっと検査するだけで今後の無駄な心配を解消できます